MacBook Pro(13-inch 2018)を最近使い始めました。
(買ったのは年末……)
そこでおもにプログラミングに使っている私の視点での使い心地をレビューしていこうと思います。
比較対象はこれまで使っていたMacBook Pro(13-inch Early 2015)です。

機能面

バタフライキーボード

バタフライキーボードはうるさいとの評判ですが、私はこのコトコト音が大好きでHHKBのスコスコ音のような気持ちよさを感じます。
前の職場で2016年モデルのMacBook Proを使っている人がいて打鍵がとても楽しそうでこれ欲しさに新しいMacBook Proがほしいと思ったこともありました。

2016年モデルと比べると幾分か静かですが、今までのパンタグラフキーボードの2015年モデルと比べたら音も打鍵感も楽しみを感じさせてくれます。
ただキーの高さが低いので指が時々迷子になってしまう問題もあります。

Touch ID

これは私のようにクラムシェルモードで使うことが多いと使う機会があまりないですね……
モニタの横に開いて並べることも考えたのですが、遠くて押しづらい&ディスプレイの高さを調整が困難だったので見送りました。

当然ですがノートパソコンとして外で使うときにはお世話になっています。
ただ使うたびにこれこそFace IDがあっているのではと思うんですよ。iPhoneと違ってよそ見しながらロック解除するような使い方はあまりないですからね。

CLIのアプリケーションでパスワードを入れるときにTouch IDで代えをきかせられないのかなとか思ってたら、sudoするときにTouch IDで認証できる方法があるみたいですね。

Touch Bar

ここをスクラッチする音ゲーとかあったら面白いんじゃないでしょうか(適当
今のところエスケープキー押した気がしない・ファンクションキーが押しづらくなったという散々言われ尽くしている感想しか出てこないです……

大きさ・重量

高さ 奥行き 重量
MacBook Pro 2015 13インチ1 1.8 cm 31.4 cm 21.9 cm 1.58 kg
MacBook Pro 2018 13インチ2 1.49 cm 30.41 cm 21.24 cm 1.37 kg

サイズに関しては箱から出したときの感想が「ちっさ」だったので一見小さな変化に見えるこの数字には驚きを作るだけの想像もつかないような研究・開発の成果が詰まっているんでしょうね。

重さは200g以上も軽くなっているので文庫本一冊ほど得した気分です。
鞄にMacBook Pro入れて電車乗るとか苦行にしか感じない軟弱者の私はとても助かっています。

性能面

機能的な違いは他所でもっと詳しく早く書かれていると思うのでこのあたりまでにしておいて、性能面のレビュー・比較をプログラミング用途の視点でしてきますね。 macOSのバージョンや使用するアプリケーションやランタイムのバージョンは極力揃えるようにして比較しました。

Geekbench 4 で比較

まずはGeekbench 4で比較してみました。
クリーンインストール + 必要なソフトだけインストール後みたいな状態の比較だけでの2018勝利では面白くないので、2018年モデルではたくさんアプリケーションを立ち上げて普段使いしているような状態でベンチマークをしています。

macOS 10.14.3 (Build 18D109)での比較です。

SingleCore CPU MultiCore CPU OpenCL Metal
MacBook Pro 2015 13インチ 3595 6566 17513 22859
MacBook Pro 2018 13インチ 常用 4538 17016 34665 34966

2015のCPU 2015のMetal 2015のOpenCL

2018のCPU 2018のMetal 2018のOpenCL

VMWare Fusionを動かしているWindows上でも比較してみました。 Macの上のWindowsで検証するような仕事をするわけではないのですが、古いゲームをそのままMacでWindowsに入ってやりたいときがある私のための超個人的な比較です……

  • 仮想化ソフト VMWare Fusion 7.1
  • ゲストOS Microsoft Windows 10 Pro (64-bit)

仮想マシンに割り振ったリソースは以下のようなものです。

2015年モデルでVMに割り振ったリソース

2015年モデルでVMに割り振ったリソース

2018年モデルでVMに割り振ったリソース

2018年モデルでVMに割り振ったリソース

SingleCore CPU MultiCore CPU
MacBook Pro 2015 13インチ 3169 5280
MacBook Pro 2018 13インチ 常用 3880 6686

2018年モデルはまだ割り振るCPUコアやメモリに余裕があるのに2015年モデルを引き離していますね。

ビルド時間で比較

プログラミングをしていると発生してくるのがビルド時間。
これを以下の4項目で比較してみました。 このベンチマークもGeekbenchのときのように普段使いの状態での計測もしました。

Node.jsのビルド

Node.jsのmasterブランチの最新のコミット でmakeするのにかかった時間をtimeコマンドで計った結果のrealの部分を比較しています。
ビルドは仮想環境など挟まず直接行っています。2015年モデルは -j4 を 2018年モデルは -j8 のオプションを付けてmakeをしています。

2015年モデル

1
2
\\time make -j4 > /dev/null
1220.11 real      4258.28 user       382.99 sys

2018年モデル(普段遣い)

1
2
\\time make -j8 > /dev/null
539.74 real      3333.67 user       308.52 sys
機種 ビルドにかかった時間
2015 1220.11秒
2018 (普段使い) 523.69秒

Reactアプリのビルド

Docker Desktop for Mac Version 2.0.0.2 (30215)node:10.15.1-alpine のイメージを使って作った環境を使います。 npx create-react-app --typescript したアプリを npm run build するのにかかる時間をtimeコマンドで10回計って平均を比較しました。

機種 ビルドにかかった時間
2015 11.98秒
2018 (普段使い) 8.94秒

iOSアプリのビルド

こちら を使わせていただきました。

機種 ビルドにかかった時間
2015 12.713秒
2018 (普段使い) 8.558秒
2015年モデルでiOSアプリをビルド

2015年モデルでiOSアプリをビルド

2018年モデルでiOSアプリをビルド

2018年モデルでiOSアプリをビルド

Windowsアプリのビルド

先ほどのVMWare Fusionを使ったWindows環境の中で このサンプルアプリ を使わせていただきました。
.NET 4.7.2のソリューションをAnyCPUの構成でDebugビルドしました。そのままの状態だと1件失敗がありましたがこれも含めた時間をどちらも計測しています。

機種 ビルドにかかった時間
2015 319.22秒
2018 (普段使い) 209.68秒
2015年モデル内の仮想環境のWindowsでビルド

2015年モデル内の仮想環境のWindowsでビルド

2018年モデル内の仮想環境のWindowsでビルド

2018年モデル内の仮想環境のWindowsでビルド

まとめ

計測した時間をまとめてみました。

機種 Node.js Reactアプリ iOSアプリ Windowsアプリ
2015 991.39 11.98 22.5 319.22
2018 (普段使い) 523.69 8.94 10.122 209.68

普段遣いの状態でも2018年モデルが圧倒的です。
2年〜3年くらいおいて買い換えると体感的にも財布的にも嬉しい感じですね!
これで快適に作りかけのプログラムややりかけの仕事を放置しながらアニメ見たり出来ます!!


  1. Apple公式サイトより引用しています。 [return]
  2. Apple公式サイトより引用しています。 [return]